FC2ブログ

記事一覧

次のコラボを見据えて、これまでのコラボを振り返る



ベルセルク、3回目のメルストと早いペースで来たコラボに続いて新コラボの開催が公式に発表されました。
ここで、これまでのコラボについて振り返ってみようと思います。


にゃんこ大戦争:2014年
拡散性ミリオンアーサー:2012年

初回:2014/4/21~5/5(コスト28世代)
2回目:2014/11/3~11/17(拡散性が終了、乖離性の配信を控えていた所だったためか、にゃんこのみ参戦)

初のコラボでした。3タイトル合同ということもあり、にゃんこと拡散性から各属性2体、計6体というボリュームでした。
2回目はミリオンアーサー抜きで開催されました。もちろんカードもにゃんこのみです。
にゃんこは全て帯大ダメージ(ただし当時の基準のため威力は260)&手痛いデメリット付きと、今振り返るとおよそ考えられない内容となっていました。ただし、子分ではネコムートが回復と相性の良い異常回復(HP75%以上が条件)で、今日でも少ない貴重かつ有用な異常回復子分となっています。
2015/3/4にはなぜかMAXから初回の強化素材のSS版である「アルティメットチアリー」が出ました。
拡散性が終了して、ミリオンアーサーの復帰は絶望的(一応乖離性にキャラ自体は引き継がれている)と思われてから早3年、そこには新種族「騎士」が追加された魔ーサーが颯爽と立っているのでした。


ガッチャマン:1972年
キャシャーン:1973年
ゴールドライタン:1981年

初回:2014/12/1~12/15(コスト30世代)
唐突に発表された「スーパーヒーロー編」。コラボとは書かれていましたが、どこのスーパーヒーローかは分かりませんでした。
蓋を開けてみるとあのタツノコのキャラ達でした。しかも、コラボ第1弾と書いており、続編が間違いなく出る触れ込みでした。実際この後に2種類のコラボが開催されました。
ガッチャマンは原作でなくとも、ZIP!でスピンオフを見たことがある方も居るでしょう。また、キャシャーンは実写版が出ており、そこで知った方も居るでしょう。
そして、ゴールドライタンは何も知らなくともSS+の姿を見ただけで狙いたくなったことでしょう。(執筆段階では、他にマヒル進化2しか持たない貴重な森突盾破壊でもあります)
また、翌年の正月には袴を着たブライキング・ボス(第1弾コラボスペダンの通常ボス)が再来するサプライズがありました。


ヤッターマン:1977年
タイムボカン:1975年
一発逆転マン:1982年

初回:2014/12/29~1/12(コスト30世代)
タツノココラボ第2弾です。
ヤッターマンが通常ボス、3悪が1.5倍枠として登場しており、こちらの陣営が良く分からないものとなっています。
ヤッターマンは子分では攻撃なら威力35%アップ&スト以上なら全バフ1と、今の基準から見ても十分戦えるレベルとなっています。
今思えばここが攻撃の無条件威力35%アップと、○○&全バフ1のルーツだったのでしょう。


鉄腕アトム:1951年
ブラック・ジャック:1973年
どろろ:1967年

初回:2015/4/27~5/11(コスト30世代)
この辺りからドラポのコラボの傾向(即ち、およそ40代以上メイン)が見えてきた印象です。
当時は命中を補う手段が無く微妙だったもののシャオが登場して大化けしたアトム、水初の全体回復のBJ(ほんの少し後にジェミニが登場して叩き潰されました)が印象的です。
ちなみに、コラボ2週目にはフェル・ヴォルグ率いるレイドが開催されました。これが2回あった内の最後のレイドとなりました。かなり前のイベントかつ再入手手段が無いのにも関わらず、初代レイドのマルクトに次いでメルストコラボ2回目で出張して、双方でモヤモヤが走ったことは間違いないでしょう。
通常ボスのプルートゥの他に、どろろ、お茶の水博士、ドクター・キリコを収集する要素もあり、2週目ではレイドとの取捨選択を迫られました。


夜ノヤッターマン:2015年(1/11~3/29)
初回:2015/5/25~6/8
タツノココラボ第3弾です。これを最後にタツノココラボは開催されていません。
ドラポにしては珍しくコラボ元の登場から早いコラボでしたが、若干旬を過ぎていた感は否めません。
初のガチャキャラにも進化分岐の概念が登場しました。これは後にも使われており、アリン一家やマヒル、ウェスカー、ニャル子に活かされることになりました。
レパードは条件の割に高威力を出しやすく(味方全体のバフ合計による威力。15毎に威力が10増加。3回で最大170!)、ガリナ&アルエットは他にメタとシノしか持たないバフ反転を持つ、貴重なカード群です。
ささやきレポーターだけはこの作品初出ではなく、1981年のヤットデタマンが初出ですが、他に出るキャラが無かったためかここでの登場です。他2枚とは違い、異色な雰囲気を放っています。
また、後にも先にもボスより2戦目が強いスペダンはこれだけでしょう。


メルクストーリア:2014年
初回:2015/9/14~9/28(コスト32世代、初期のためかカード自体はコスト30)
2回目:2016/12/5~12/19(コスト34世代1年目)
3回目:2017/11/20~12/4(コスト34世代2年目)

コラボ中、バイオと並んで一番開催回数が多いです。
にゃんこと拡散性以来の、スマホゲーム同士によるコラボです。
初回は当時唯一の水の威力だったメルクリを超えるフウ、コスト30にも関わらずそれを逸脱した性能(しかも2回目のセラム、3回目のしいたけヘルメトレスより高火力)のハルシュトが印象的でしょう。
一応この時はコスト32世代なのですが、入った後の数カード(ベリアル、朧車、雪女、枕返し)と星座はコスト30だったので、その影響かコスト30となっています。ただし、コラボ開催は雪女、枕の登場から2か月程経った時で、その間のカードは星座以外コスト32でした。
2回目は全てがコスト34で構成されています。初回と違いインパクトの強いガチャ限こそありませんが、オルコは威力30%&追撃という、追撃の基準を変えた存在でしょう。
むしろコラボ初のDRA覚醒が大きいでしょう。特にシエットはその火力の高さから、ボスが火で、特効が突の時に並みの水突より強いという状況も起こりました。
2回目で追加されたスペダンでは、癒力を駆使して進めていく要素が追加されました。
ここで登場したコラボチャレダンは、過去最高クラスの恐ろしい難易度を誇りました。
3回目は赤盾置換としては初の3回攻撃&2枚目の盾破壊、置換系に異常付きのアインレーラが特に印象的でしょう。そして、ドラポ側のストーリーに一番最初に出たしいたけヘルメトレスも忘れてはなりません。また、彼はバイオランに次ぐ無条件弱点帯持ちでもあります。
また、3回目のガチャ限は、2回目までとは違い全てメルスト側で☆5となっています。(1回目はフウ、2回目はセラムが☆4)
シエット、ユウに2枚制限がかかった状態でスタートしましたが、バグによって最低2枚、初回から持っていれば3枚も持てるという物凄い状況となりました。


バイオハザード:1996年
初回:2016/4/25~5/9(コスト32世代)
2回目:2016/10/24~11/7(コスト34世代1年目)
3回目:2017/8/14~8/28(コスト34世代2年目)

コラボならではの特別仕様として、HPゲージが心電図化、T-ウイルス感染、それに伴うシャウトのかゆうま化等、力が入った内容でした。
初回は、初の無条件弱点帯のバイオランが目玉でした。
また、どう見てもスペダンSにしか見えないアンブレラ傭兵部隊のポテンシャルが異常に高いです。タゲで4回攻撃が出来るにも関わらず何故かオーブ3なので、3周年オーブ(穴3。攻撃+300)を付けると攻撃が1897となり、コスト37である世界とタメを張れる火力(攻撃+100オーブで1896)になります。
2回目では、自分が異常なら味方全体の異常回復が出来るクレアが強力でした。ウェスカーは夜ノヤッターマン以来のコラボカードの進化分岐で、バイオベルモは森打屈指の高火力持ちです。
また、コラボ開始前に始まったDMでの超合体が有用(全体攻撃&全デバフ2&接種)と判明したバイオランがにわかにスポットを浴びる事にもなりました。
3回目はバイオアカネが追加され、初回と2回目のスペダンの双方に行けるようになったくらいですが、バイオランのスポットは更に大きいものとなりました。
また、3回目でTウイルスに感染したまま次のスペダンに入ると、T-ウイルスの被ダメ補正が引き継がれるというバグがありました。(1週目の内に修正されたので気付ければワクチンで回避出来ましたが、T-ウイルスが原因と察しが付いたプレイヤーは稀でしょう)


銀河鉄道999:1977年
初回:2017/4/24~5/8(コスト34世代1年目)
初日に「星野鉄郎」ではなく「」が配布されるという事件(受け取ってもボックスには何も反映されない)から始まりました。その後には最近のコラボにしては大きな事件は起きていません。




全コラボ史上で見ても腐る局面がほぼ無いカード群が特徴で、余計なことをしない回復のメーテル、子分で対象が多い攻撃かつ女の子に平均30%スタート、Sバフの維持で平均37.5%に化けるエメラルダス、追撃が有効な打特効の対人戦で光るハーロックとなっています。


ベルセルク:1989年
初回:2017/10/23~11/6(コスト34世代2年目)
ドラポでのコラボの少し前に城ドラでもコラボをしていました。
今回はログイン初日に「イシドロ」が配布されました。鉄郎とは違い、GODスタートなので残念ながら石は貰えません。今回は「」が配布されることは無く進みましたが、別の問題がありました。
鬼以上のモズグスの解放が即死級という脅威の内容でした。しかし、装備の「大砲」を上手く使えば防げるという事実もあり、納得されつつもありました。2日目にナーフが入り、普段のスペダンの解放レベルに落ち着きました。詫び石は10個と、かなり大きい問題として捉えていたこととなります。
ガチャにおける目玉としては、やはり事前におよその性能がTwitterで告知された、火のデバフでは初の盾破壊を持つキャスカでした。彼女を狙ったつもりがガッツを引いてしまって何とも言えない気持ちになった方も居るでしょう。
周回要素としては、33%の確率で合体回避&3回発動のベヘリットの収集がありました。
また、これのSS+段階は覚醒以外では唯一のコスト33です。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CuBe'E

Author:CuBe'E
偏ったことばかり

検索フォーム

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

タグ

ドラポ ドラゴンポーカー コロシアム 選抜 突属性 打属性 斬属性 爪属性 咬属性 スペダン セレクトガチャ 強属性 チラシの裏 コラボ 怒り 麻痺 睡眠 覚醒 暗闇 チャレンジダンジョン 混乱 デュエルマッチ DM 封印 誘惑 聖属性 コレクションラインナップ 月初 阿国 グラフィティスマッシュ 月初め データ集 スぺダン コスト37 この素晴らしい世界に祝福を! 告知 プレゼント とある魔術の禁書目録III 回復 動画 まいにちうそ日記  持続 タワーダンジョン きゅぶろぐ グラスマ Re:ゼロから始める異世界生活 古戦場 龍が如く バジリスク~甲賀忍法帖~ GDR お知らせ 逃げられない 合体 グランブルーファンタジー 全体化 アップデート レイド リゼロ スペダン選抜 城とドラゴン 城ドラ 火力指標 ベルセルク グラブル サンリオ ハーブ 復刻スペダン選抜アンケート 逆転裁判 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか タッチペン 必中 子分 ロックマンX ハロウィン カードパック 迎撃 異常押し付け 七つの大罪 北斗の拳イチゴ味 SSプレゼント 捕獲 タロット 投票 初心者向け 異常 講座 盾破壊 ガチャ 超覚醒 ビバーク 質問箱 Peing Wi-Fi 山本大介 パズドラ 銀魂 6周年 ガチャピン ムック ハローキティ ダンまち 見切り コラム レイドが逃げた コスト36 キーボード ときどきがち日記 超・超MAX 夢日記 タワー 黒板絵 先制バグ 生放送 チェス 巫女の日 コラボガチャ 配布 ロックマン 火力指標ジェネレーター ロックマンエグゼ 複数化 スキル無し 閲覧注意  振り返る リコ リンダ 世紀末 5周年 レベリング とある魔術の禁書目録 Robocraft 250弾 フェニックス 逃げた コスト38 乳首 レイカ レベル 牛若丸 新世代 コスト35一般開放 2017年 

カウンター